"教えたい" 人のための「数学講座」

「数学を教えられるようになりたい、楽しさを伝えたい」そう思うあなたのために、教え方や勉強法・やる気の出し方など、ノウハウのすべてを紹介!20年教壇に立ってきた視点、および会社員の視点から、生涯学習にも役立つ話題が満載です。

MENU

客観的に見た 自分の授業のお味はいかが?

自分の授業を、録音や録画してみたことはありますか?もしくは、客観的に自分の授業を批評できますか? 自分の声や姿を、客観的にみることには抵抗を感じる人も多いかと思います。 しかし、それでは自分の授業力は成長しません。自分の授業を、一番分かって…

自分の知識の「3割程度」で、立派な数学の授業ができるために

今回は、前回に引き続き、教員が持っておくべき知識についてです。 教員は授業の内容について知っている知識の3割程度を披露すれば、授業が成り立つようにしておくこと。 それだけ幅広い知識を用意しておく必要があることをお伝えしました。 今回は、その具…

授業で必要な教員の知識はどのくらい?

一般の方から、「教員は書いてあることをしゃべればいいだけだから楽だよね」と言われたことがあります。 教員をされている人は、「そんなわけあるか!」とツッコミを入れることでしょう。 実際にそんな教員がいたら、辞めてほしいと思ってしまいます。 ちょ…

教員は道化役者たれ アイテムから数学の世界へ引き込む品々

教員は道化役者であることが必要と考え、声色や精神論でお話をしてきた亀きちですが、道具からの部分でも、変えることができます。 今回は、ちょっとした工夫で生徒を引きつけることができる道化役者アイテムについて、具体的なお話をしていきます。

教員は道化役者たれ しゃべりに抑揚をつけた実践例

「教員は道化役者(おどけることのできる人)たれ」と題して、前回はお話をしてきました。 道化役者になることはできていますか? 生徒の前でおどけることのできる、心に余裕のある教員になっていますか? 今回はその続きとして、そのバックグラウンドとして…

教師は道化役者たれ 授業の中で使える手法の紹介

授業中は役者であり、道化師。その日その時の心の反応を見極める。 当時若手教師だった私は、この文章を読んで、大変心を動かされました。 教員って、おどけてもいいんだ…… 中高の6年間は、心も身体も大きな変化が訪れます。 それを真正面から受け止めるこ…

亀きちの授業の神髄 「楽しい授業」ガイダンス編

教員のみなさん、教えるみなさんは、 自分の長所は何か、一言で他人に伝えることはできますか? 私が教員をしていた頃の授業の長所は、「誰とでも楽しく授業ができる」 この言葉は大学生の頃に、塾講師のアルバイトをしていた時、専任の先生から言われた言葉…

冬の朝 寒さと睡魔で相談された生徒へのアドバイス

勉強したいのだけれど、寒くて布団から出られない。睡魔の誘惑に負けてしまう そのような声が、生徒からも聞こえてくる季節ですね。 先生方は、どのような方法を提示しますか? 具体的なアドバイスが実践できていますか? 今回は、亀きちが以前に受けた相談…

冬休み課題未提出 取り扱い大作戦

この時期、先生方の中で困るのが、宿題未提出をどこまで追い掛けるかということです。 限りなく追いかけてもキリがないし、かと言って緩めてしまうと、サボりグセがついてしまうし… そんな先生方の手助けになればと思い、亀きちが実践していたこと、そして今…

センター試験に向けて モチベーションコントロール法

いよいよ今週末となったセンター試験。 毎年ひしひしと感じることですが、試験にかける思いとその努力には、本当に頭が下がります。 その力を如何なく発揮できるよう、数学を知るもの、元教員、そして現在会社員の立場から、思うことを述べたく思います。 教…

年始の生徒からやる気を引き出す 亀きち流手法

新学期が始まって1週間。 ぼちぼち疲れの出始める生徒も、出てくる頃かと思います。 そんな生徒に対して、どのように接していますか? 前向きになれる、がんばろうと思ってもらえるようなことを、数学の観点からまとめてみました。 かつて、私が実践してい…

休み明けを楽にする先生の準備術 1月編

明日から始業式という学校も、少なくないかと思います。 今年のように、「先生方の仕事始め」=「始業式」は、なかなかないケースですが、先生方は最初から「いつもの先生」でいなくてはいけません。 正月ボケをしている暇などないくらい、やること、見るこ…

先生が「『国の宝』の採掘人」と言われるために

昨年4月より運営をしている当ブログですが、ブログを振り返ってみました。 各記事へのアクセス数なども見ると、教える人にとって、「有益で、すぐに使えて、とっつきやすい」 そういった記事に、アクセスが集まっているように思います。 今回の内容、厳しい…

謹賀新年

当ブログを開設して9か月目。 日々多くの人にアクセスしていただき、時々、はてなブログの新着記事でも、取り上げていただけるようになりました。 ひとえに、ここに足を運んでくださるみなさまのおかげです。 当たり前の日常を考えながら、当たり前ではない…

振り返ることの重要性

勉強や仕事では、定期的に振り返りをしていることと思います。 振り返ることにより、 ・明日からすべきこと ・今自分に足りないこと ・用意すべきこと これらを、自分の目で確かめることができます。 今日は大晦日ですので、年間を振り返りしながら、振り返…

中1 冬休みの数学学習法 スピードとじっくり眺める意識づけを

中学初めての冬休みの1年生。 比較的時間に余裕ができる時だと思います。 その中で、時間の使い方をきちんと伝えることはできていますか。 優先順位の付け方を教えることはできていますか。 教員も保護者も含めて… 今回は、効果的な中1の冬休み数学の勉強に…

大掃除の中での、学習環境の作り方と片づけ法

この時期は新年の準備に忙しい時期。 それとともに、子どもたちも遊んだり、宿題したり、慌ただしい日々が続きます。 大掃除もその中の一つですよね。 ぜひ、会話を増やしながら、親子での会話を増やし、できることなら、楽しみながら環境も整えられるよう、…

高校3年冬休み数学の勉強 体調・メンタル・知識の確認法

高校3年生にとっては、センター試験前の直前の大切な時期。 来る1月のセンター試験に向けて、体調の管理、メンタルの管理、勉強の総復習など取り組んでおくべきことが多岐にわたっており、調子を整えていくことが必須となってきます。 そこで、教師や親に…

高2数学冬休みの勉強 自分の現在地分かっていますか?

高2の冬休み、高校2年生にとっては、受験勉強をここから開始する、という人も多いことかと思います。 そのためには、まずは、敵を知るところから始まります。 敵を知る方法と、自分を知るための勉強法について、今押さえておくべきことを、まとめていきた…

高校1年の冬休みの勉強 大学入試の1科目を意識させてますか

先生方は、高校1年の生徒に、 次のような感覚を、持たせることはできているでしょうか。 高校1年の勉強で数学は大学入試の1科目が解ける 高1の今の時期は一番入試から遠く、 まだまだそんなことは先!と、考えている生徒も多くいます。 一方で、塾や予備…

中学3年生へ 数学の受験ブーストのかけ方

いよいよ高校入試も目前に迫ってきた中3。不安も少しずつ顔を出し始めることですよね。。。 内申点というものは、ほぼ決まってきて、あとは、生徒の実力を、どこまで引き上げられるかが、ポイントになってきますね。(推薦入試は除いて考えます) 高校にも…

中学2年生へ 冬休みの数学で仕掛けておくこと

中2ともなると、来年の今頃は受験勉強の真っ最中。 今の状態とは、かなり違った環境や心理状態にになることが予想されます。 その1年後の姿を、早い段階でイメージさせられるか、それが教師の腕の見せどころではないかと思います。 そこで、今から冬休みに…

翌年の計は前年12月にあり 翌年へ向けて教員が準備できること

年末までの2~3週間は、生徒にとっても若干余裕の出る頃だと思います。 ここで、教員としては、生徒にしっかり振り返りをしてもらい、来年に向けての目標設定をして、充実した冬休みをすごしてもらうための準備の絶好のチャンスです。 まさに、「翌年の計…

生徒1人1人にコンピューターは必要なの?数学教育的観点より

先日ニュースで話題となった「小中学生1人1人にパソコン端末をもたせる」ための予算。 大学を数学三昧の中で過ごし、塾、中学高校教員を20年務め、現在は会社員として働いている私、教育そのものにパソコン端末が必要であるかどうか考えてみました。

亀きち流 うろうろのススメ 集中力を持続させるために

勉強や仕事で集中できない、問題を解いていて、うまく答えや考えが導きだすことができない、そう感じるときはありませんか? そんな時、とる行動の1つが「うろうろ」 ちょっとした距離を歩く。 足を動かしている間に、何かちょっとしたヒントがひらめいたり…

中3数学 最重要定期試験に向けて 最大効率の働きかけ法

中3の2学期期末試験は、受験生にとっては最重要の試験。 その成績いかんで、入試にダイレクトに関わってきますから。 おそらく、これまでとは違う緊張感を味わっている生徒もいるのではないかと思います。 教員として、どのような働きかけ、声掛けが必要な…

生徒の心が折れた時、授業内外で教員ができること

前回は先生自身が心が折れた時に、 どのように授業をすればいいかについて書きました。 今回は、生徒が明らかに心が折れてしまっているときです。 中学・高校といえば、思春期の真っただ中。そのときどきでも扱い方も違いますし、考え方も違ってきます。 授…

教員の心身の調子が悪いとき 授業の仕方はどうする?

教員も人間。 様々な場面で傷ついたり、体調を崩すことも多いものです。 そうはいっても、教員は「教えるプロ」。プロである(専門で教えることに報酬をもらう)以上、甘えは許されませんし、妥協も許されません。 それでも、傷ついたとき、心が苦しいとき、…

数学 「難問を解く爽快感」のために教員ができること

先日Twitterにてご意見をいただいた 「数学で嬉しく感じるのはどんなとき」 やっぱり数学には「難しい」印象があるのでしょうか。 難しい問題を解けたときに一番嬉しく感じるという人が圧倒的という結果でした。 ということは、教える立場から考えると、難し…

心がぽきっと折れたとき

誰でも、人から悪口を言われたり、揶揄されたりするのは、嫌ですよね。 今回は、私が実際に心が折れる経験をしましたので、そのときに、心からしたいと思ったこと、してほしいと思ったことを、ちょっと日記風になるかもしれませんが、書いていきたいと思いま…