"教えたい" 人のための「数学講座」

「数学を教えられるようになりたい、楽しさを伝えたい」そう思うあなたのために、教え方や勉強法・やる気の出し方など、ノウハウのすべてを紹介!20年教壇に立ってきた視点、および社会で生きた数字を扱うからこそ視点から、生涯学習にも役立つ話題が満載です。教え方の研究、勉強法の修得、中高生の自主学習用にご活用ください!

MENU

数学教育・勉強法コンシェルジュ 亀きち

心から楽しめる教育・勉強法を!

当ブログに足をお運びいただき
ありがとうございます。

 

数学教育・勉強法コンシェルジュ亀きちです。

 

このブログに足を運んでいただいたということは、
・数学の教え方
・数学を含めた勉強法
・勉強でのメンタルケア
に興味がある方ということですよね?

 

当ブログでは、
・数学においては、教え方や参考書・ポイントの解説
・勉強法においては、学年や季節、タイプ別の効率的な勉強法
・勉強におけるメンタルケアの方法
その他コラムで構成されています。

 

モットーは、ずばり
「楽しみながら学ぶための基礎作り」

 

学校教育・生涯教育ともに、
学習は、学ぶ人本人が学びたい
という意欲を持つことにより、
初めて効果的に身につくようになります。

 

簡単に勉強するという心にはなれない
どうせやっても身につくはずがない

 

そのように考える人もいるかもしれません。

 

やればできる!とは私も言いません。
しかし、試しにでも
始めてみなければ、0は0のままです。

 

もし、始めてみると
1に変わるきっかけが見つけられるかもしれません。

 

このように
・勉強するきっかけや勉強法をつかんでみたい
・授業をする際に、生徒にきっかけ作りを仕込みたい
・メンタルのケアをしていきたい

 

それらをなるべく効果的に身につくよう、
テーマ別、系統的にまとめています。

 

たくさんの方々に足を運んでいただき、
楽しむ数学・勉強法を身につける
きっかけにしていただければ幸いです。

 

何か、聞いてみたい、アドバイスがほしい、
そういったことがあれば、
コメントやお問い合わせ(メールアドレスが必要です)欄から、
どしどしお寄せください。

 

たくさんの方と交流できることを楽しみにしています。

 

先日Re-rise News さんから取材を受け、
その中で亀きちの神髄を爆発させておりますので、
こちらをご覧ください。

www.youtube.com

 


亀きちを、詳しく知りたい!と思った方

 

ここからは、亀きちを育んだ背景を語っていきます。
ぜひご覧ください。

 

  • 亀きちの大学時代(塾講師)
  • 亀きちの教員時代
  • 亀きちの会社員時代
  • 亀きちが思う勉強とは

 

続きを読む

一歩先を行く「今年を『勉強のゲーム化』元年」にする3つの考え

遅くなりましたが
明けましておめでとうございます。

 

今年1年が
読んでくださるみなさまにとって
すばらしい飛躍の年となりますように。

 

当ブログで勉強法や教え方を綴り始めて
現在は300本を超える記事。

 

日々たくさんの方々に
アクセスいただいております。

 

読んでくださる方が、
より勉強しやすく、より教えやすくするため
亀きち自身も、さらに研究を深めています。

 

そんな中、ようやく目途が立ち始めましたので、
このテーマを紹介しようと思います。

 

名付けて
「勉強のゲーム化元年」

 

昨年は、いろいろな分野の方々と
交流させていただきました。
本当にありがとうございます!

 

その中で、たどり着いたこと。


やっぱり
教育や勉強の原点は「ゲーム」である!

 

今回の記事では
その基本となる3つの柱を紹介し、
簡単にその考え方をお伝えしたく思います。

 

身に着けることにより、
勉強に対する意識が大きく生まれ変わることと思います。

 

それでは始めていきましょう。

 

f:id:math-kame:20210222185222p:plain

 

  • わくわくを意識する
  • 「リセット」を操ろう
  • 「暇なら勉強でもしてみようか」という境地へ
  • ゲーム化で勉強は最大限に効率化できる
続きを読む

パパ塾 わが子に訪れる様々な変化 

いよいよ学校の授業先取りで
「パパ塾」の中でも授業を開始。

 

教科書見開き2ページを45分で
例題と練習問題を解いてくる(予習)ことを前提に
授業を行います。

 

具体的な授業のやり方は前回の記事から


このスタイルで勉強を始めてから、
子どもに起き始めている変化がいくつか見られます。

 

今回はそれについて
まとめていきたく思います。

 

テスト前に、ちょこちょこと対策するよりも、
根本的な変化が見て取れる日頃の指導

 

変わってきたわが子、
私自身も楽しみながら書いていきます!

f:id:math-kame:20210608210218p:plain

 

  • 変化1 思ったよりも予習をがんばる
  • 変化2 説明が一発で分かるように
  • 変化3 生活習慣が安定する
  • 変化4 子どもがノートの取り方を変えてきた
続きを読む

パパ塾 学校先取りの数学授業 基本的な取り組み方・教え方

定期考査の1週間前。

 

本気で教えてほしいと中2の子ども言われ、
そこから本気で
45分×4回の試験対策をした私。

 

結果の点数自体は、
決して高いものではありませんでしたが、
子どもの答案から、
途中式のかき方や、計算の粘りなど
努力の成果が垣間見えるものでした。

 

点数は66点だったのですが、
次にはもっとジャンプアップするのではという
予感を残した結果となりました。
(おそらく一切教えていなかったら50点前後だと推察)

 

そして、試験後に始まった
学校の授業の先取り授業。

 

いわば、本格的「パパ塾」

 

これぞ、
私がずっとやりたかったことでした。

 

私から、子どもを引っ張ることなく、
子どもが教えてもらうことを望み、
自分のために勉強をしていく。

 

小学生の頃から、
「教えてほしかったら言っておいでね」
と声をかけていたのですが、
ようやくスタートラインに立ったのです。

 

今回は、
「パパ塾」が行う、
学校の授業先取りでの授業の進め方について、
いくつか項目を設けて
紹介していきます。

 

ご家庭で数学を子どもに教えてみたい
学校での授業を、成果的に身に着ける準備をしたい
そのように思っていらっしゃる方、必見です。

 

それでは、亀きちの「パパ塾」
手の内公開!

f:id:math-kame:20210220195225p:plain

  • その1 予習は教科書見開き2ページ
  • その2 説明は短くコンパクト
    • 子どもにワクワクを
    • 「まとめ」は右脳にインパクトを
  • その3 できるだけ子どもに説明をしてもらう
続きを読む

パパ塾 第2幕始動! 学校の授業を3回目の勉強に

わが子と格闘した定期考査。

 

点数だけで言うと、
必ずしも満足いくものではありませんでした。

 

しかし、
問題の解き方を残したり、解答を説明する力が向上したりと、
著しい成長が見え、
子ども本人も、成長を実感していました。


前回までのお話はこちらから

パパ塾 わが子に数学を教える日 ~家庭内での環境はこうやって作る~

パパ塾 ノートのチェックポイント~独学で陥りやすい罠~ 

パパ塾 いざ数学定期考査 1週間前の対策法 

パパ塾 定期試験結果 見えた成長の跡 

 


本人に今後のことを聞き、
「中学・高校卒業まで数学を見てほしい!」
という子どもの声に応えることに。

 

パパ塾は第2幕
(ここからが本当のやりたかったことなんですけどww)
が幕開けすることになりました。

 

一体どのように進めるのか、
気持ちを維持させるのか、
具体的な単元ごとの内容は「亀授ノート」で披露していきますが、

 

ここでは、
「パパ塾」での掟や進めるための方法、
心の掴み方に重点を置いて、
お話を進めて行きたく思います。

 

家庭で勉強を教えたいと思われる保護者の方、
家庭で勉強を教えてもらいたいと思うお子さんへ、
今のやる気をさらに持続、発展させるための
枠組みを説明していきます!

f:id:math-kame:20210217212016p:plain

 

  • パパ塾 運営の基本事項 
    • パパ塾の時間帯
    • パパがすること
  • パパ塾 掟1 予習必須
    • 補足 予習のコツ
  • パパ塾 掟2 説明を遮らない
  • パパ塾 掟3 毎日ドリルを課す
  • パパ塾 掟4 「家庭教師」ではなく「授業」
  • パパ塾 掟5 最後は褒めて終わる
続きを読む

パパ塾 定期試験結果 見えた成長の跡

わが子から、初めて求められた本気の数学授業。
定期試験対策でこの1週間
45分×4回のの授業を行いました。

 

実際、数学という教科の特性上
短期間で上昇させるのは至難の業です。

 

それでも、わが子の「悔しい」という想いのため
何か浮上のきっかけをつかんでくれればと思い、
この1週間対策をしてきました。

 

では、その結果と、
子どもにしたアドバイス
今後のすべきことについて
まとめていきたく思います。

 

f:id:math-kame:20210224205822p:plain



  • 試験後 わが子の予想外の反応と予想外の計算用紙
  • いよいよ試験返却 
  • これからのパパ塾はどうする? ~子どもの決断~
続きを読む