"教えたい" 人のための「数学講座」

「数学を教えられるようになりたい、楽しさを伝えたい」そう思うあなたのために、教え方や勉強法・やる気の出し方など、ノウハウのすべてを紹介!20年教壇に立ってきた視点、および社会で生きた数字を扱うからこそ視点から、生涯学習にも役立つ話題が満載です。教え方の研究、勉強法の修得、中高生の自主学習用にご活用ください!

MENU

数学教育・勉強法コンシェルジュ 亀きち

心から楽しめる教育・勉強法を!

当ブログに足をお運びいただき
ありがとうございます。

 

数学教育・勉強法コンシェルジュ亀きちです。

 

このブログに足を運んでいただいたということは、
・数学の教え方
・数学を含めた勉強法
・勉強でのメンタルケア
に興味がある方ということですよね?

 

当ブログでは、
・数学においては、教え方や参考書・ポイントの解説
・勉強法においては、学年や季節、タイプ別の効率的な勉強法
・勉強におけるメンタルケアの方法
その他コラムで構成されています。

 

モットーは、ずばり
「楽しみながら学ぶための基礎作り」

 

学校教育・生涯教育ともに、
学習は、学ぶ人本人が学びたい
という意欲を持つことにより、
初めて効果的に身につくようになります。

 

簡単に勉強するという心にはなれない
どうせやっても身につくはずがない

 

そのように考える人もいるかもしれません。

 

やればできる!とは私も言いません。
しかし、試しにでも
始めてみなければ、0は0のままです。

 

もし、始めてみると
1に変わるきっかけが見つけられるかもしれません。

 

このように
・勉強するきっかけや勉強法をつかんでみたい
・授業をする際に、生徒にきっかけ作りを仕込みたい
・メンタルのケアをしていきたい

 

それらをなるべく効果的に身につくよう、
テーマ別、系統的にまとめています。

 

たくさんの方々に足を運んでいただき、
楽しむ数学・勉強法を身につける
きっかけにしていただければ幸いです。

 

何か、聞いてみたい、アドバイスがほしい、
そういったことがあれば、
コメントやお問い合わせ(メールアドレスが必要です)欄から、
どしどしお寄せください。

 

たくさんの方と交流できることを楽しみにしています。

 

先日Re-rise News さんから取材を受け、
その中で亀きちの神髄を爆発させておりますので、
こちらをご覧ください。

www.youtube.com

 


亀きちを、詳しく知りたい!と思った方

 

ここからは、亀きちを育んだ背景を語っていきます。
ぜひご覧ください。

 

  • 亀きちの大学時代(塾講師)
  • 亀きちの教員時代
  • 亀きちの会社員時代
  • 亀きちが思う勉強とは

 

続きを読む

ニンドリのススメ ゲーム雑誌で授業法を創る


Nintendo DREAM(ニンテンドードリーム) 2021年 04月号 [雑誌]

 

この記事をご覧のみなさん
ニンドリという雑誌をご存じでしょうか。

 

正式名称は「nintendo dream」
通称「ニンドリ

 

内容は想像のつく人も多いかもしれませんが、
任天堂ハード向け(今は主にswitch)の月刊誌です。

 

実は亀きち
この前身にあたる「64ドリーム」の頃から愛読していて、
2005年以降は捨てることなくすべて保管しているという
生粋のニンドリファン。

 

ニンドリから学ぶことはとても多く、
教員時代に授業に取り入れたアイデアもたくさん。

 

今回はニンドリの良さに触れながら、
ゲーム雑誌から授業を創る方法を
紹介したく思います。

 

楽しいことの紹介なので
記事を打ちながら心底楽しんでます♪笑

 

  • ニンドリの魅力
    • 間口が広い
    • 読者の目線に限りなく近い
    • 任天堂に対する愛が溢れている
  • 実際に授業に取り入れてみよう
    • 間口が広い ⇒ あらゆる生徒や習熟度対応
    • 読者目線 ⇒ 生徒目線での授業づくり
    • 任天堂愛 ⇒ 数学愛
  • さあ、ニンドリから授業を創ろう

 

続きを読む

「教わる」⇒「学びとる」 勉強の姿勢を変える「独学」の意識

テストを受けているときに思わず出てくる言葉
「あー、もう少しちゃんと聞いていればよかった」

 

そのような経験をしたことがある人、多いのでは?

 

勉強を進めるときの意識として、
誰かに教わるというよりも
自分の力で学び取ってやる

 

そう思っている人の方が、
同じ勉強をしたとしても
効果が上がりやすいものです。

 

言葉にしてしまえば、
「あ、そうか。。」

 

という程度のことかもしれませんが、
これを知っているのと知らないのとでは大違い

 

特に苦手科目については、
教わるという意識が
ついつい先に働いてしまいがち。

 

そうなると
教わる ⇒ 今一つ納得がいかない ⇒ 面白みがない
という負のスパイラルで
理解効率が少しずつ落ちてしまいます。

 

今回は、
テストの時に後悔しないよう
「学び取る意識」の作り方
について、考えていきたく思います。

 

f:id:math-kame:20210224205822p:plain

 

テストで自分の思うような結果を残してみたい
そのように思っている人、必見です!
ぜひ自分の勉強に活かしてみてくださいね。

 

  • 社会人と学生 勉強に対する意識の違い
  • 自分の趣味はどんどん学べる
  • 1人で進められるようになるには?
    • 好きになること
    • 宣言すること
    • 動いてみること
  • まとめ 「勉強は独学」

 

続きを読む

Nintendo Direct から学ぶ My勉強法の開拓術

ゲーム(趣味)視点を利用する授業について
前回は、任天堂不定期に行っている
新情報配信のサービスであるNintendo Direct から
数学教育法へと結び付けてお話をしました。

 

ワクワクや楽しいことから、やる気は生まれ、
それが勉強に向かっていく姿勢になる。
そのための事前学習や生徒へのプロモーション活動が
教員がすべき準備であると。

 

詳しくは前回記事をご覧ください。

math-kame.hatenablog.com

 

今回は、生徒のみなさんへ向けて、
ゲームや趣味でのワクワクを
自分自身の勉強での心構えや、実際の学習方法に、
落とし込んでいく方法のお話をしていきます。

 

ワクワク感があれば
やる気が出て、
そのやる気が勉強に対する効果を向上させる!

 

ゲームでも、趣味でもなんでもOK。
自分自身が思っている楽しいことを思い浮かべながら
読み進めてください。

 

  • ゲーム(趣味)から何を感じますか?
  • ゲームや趣味でウキウキする理由を考える
  • ワクワクを学習に取り入れる極意
  • まとめ 勉強は遊び、遊びは勉強

 

続きを読む

Nintendo direct からの ワクワク数学教育ガイド

私が日頃から勉強や仕事において
大切にし、取り入れようとしている感覚
それは、ワクワク感

 

気持ちがワクワクすれば
向かい合っていることに前向きになり、
勉強や仕事の質や量が
向上していくものです。

 

先日放映されたNintendo direct
個人的にはその情報にワクワクし、
どんなゲームや新情報が出て、
私の心と頭の中を楽しませてくれるんだろう
大変楽しい・嬉しい気持ちで
約50分のひとときを過ごしました。

 

今回はそのワクワクと楽しむ気持ちを
どのように勉強に落とし込んでいくのか

 

ひいては、どのような姿勢を持っていれば
勉強に対して前向きに取り組めるのか、
教える側に立って、
押さえておくべきポイントをお話ししたく思います。

 

さあ、ゲーム感覚で読み進めていきましょう!

  • Nintendo Direct とは?
  • ワクワクの気持ちってそもそも何?
  • 教える立場に立って、生徒をその気にさせる方法
    • 年度当初の授業ガイダンス
    • 単元の最初の授業にて
  • 実社会では数学はよく使われる!
  • ワクワク感を生徒に「直接」伝えよう

 

続きを読む

花粉症でお悩みの方に 効率を上げる数学勉強法

前回まで2回に渡り、
花粉症でしんどい思いをしている方へ
学習環境づくりや、勉強に対する前向きな心の作り方、
効果が上がる時間の作り方について、発信してきました。

 

math-kame.hatenablog.com

 

入試や試験の時期になると、
本当にしんどいですよね。
私自身、長い間花粉症で悩まされており、
その気持ちはよく分かる……

 

定期考査や大学入試へ向けての勉強や
実際の試験本番でも、
思うように集中ができなかったこともあります。

 

その悔しさ、もどかしさたるや……(´;ω;`)

 

そこで今回は、
私の専門である数学について、
花粉症で苦しい思いをしているときに
どのように数学の学習に取り組めばいいのか

 

その方法や考えを
脳科学や症状の特徴の観点からまとめていきます。

 

花粉症だからこそ、
思考錯誤して編み出した勉強法。

 

しんどい中でも効果が上がる、
そんな勉強法を紹介していきます。


スギやヒノキによる花粉症は、
時間帯によって、飛散量も体調も変わってきます。

 

ということで、
朝・昼・晩と時間帯に分けて、
それぞれでもっともよいと考えられる取り組みを
まとめていきます。

  • 朝 応用問題を解くゴールデンタイム
  • お昼 学校がある場合
  • お昼 家庭で学習する場合
  • 夜 見る・聞く・イメージする学習をしよう
  • まとめ 応用・メリハリ・細切れ

 

続きを読む