"教えたい" 人のための「数学講座」

「数学を教えられるようになりたい、楽しさを伝えたい」そう思うあなたのために、教え方や勉強法・やる気の出し方など、ノウハウのすべてを紹介!20年教壇に立ってきた視点、および社会で生きた数字を扱うからこそ視点から、生涯学習にも役立つ話題が満載です。教え方の研究、勉強法の修得、中高生の自主学習用にご活用ください!

MENU

心がぽきっと折れたとき してあげたいこと、してほしいこと

 ↓ あとでじっくり読むときに便利

誰でも、人から悪口を言われたり、
揶揄されたりするのは、嫌ですよね。

 

職場でも、できるなら心穏やかに、
自分のできる仕事の集中して、
最大限の力を発揮したい。

 

生徒さんなら、
集中して学校生活を楽しみたい、多くのことを学びたい、
そう感じることと思います。

 

今回は、
最近、私が実際に心が折れる経験をしましたので、
そのときに、心からしたいと思ったこと、してほしいと思ったこと
ちょっと日記風になるかもしれませんが
書いていきたいと思います。

 

お付き合いいただければ幸いです。

 

 

きっかけはほんの些細な一言から

 

心が折れる
これまでがんばって働いて、
さらにプライベートまで充実させていたのですが、
ある日ある時、ある人のほんの些細な一言で狂ってしまう。

 

きっかけは、1本のチャット

 

私が仕事中にふとPCの画面を見ると、
いきなりポップアップで出てきたチャット。

 

そのメッセージは、
私を揶揄していると思える言葉。

 

発信は同じ部屋にいる人。

 

私がそれを見た瞬間、部屋の中から送信主の声が。
しかも、軽いノリで。

 

「亀きちさん、それ間違えて送っちゃったー。気にしないでくださいね♪」

「はーい」


元気よく返すものの、
そのチャット内容を再度読んでみる。

 

明らかに直前の自分の行動を指しての反応。
しかも、私を揶揄している言葉を、仲のいい人に送りたかったようだ。

 

心理からすると、
亀きちの行動が目に入る
⇒チャットを送ろうとする
⇒ほかの人に送ろうとするが、亀きちのことなので、宛先を間違える

そんなところか。

 

 

ぽきっと折れた後の、具体的な心理状態

 

具体的内容は書きませんが、
あきらかに自分を指したものであり、
その思考にたどり着いた瞬間、
心の中で何かが崩れ落ちる、そんな状態となりました。

 

身体から力が一気に抜け、力が入らない。
気力が湧いてこない。
家で、ゆっくり気分転換をしたい、そんな気持ちになる。

 

このような経験をされた人、
おそらく学生の皆さんの中にもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

心が折れたというのは、教員をしていた頃にもよく聞きました。
当時、内容は理解・共感し、
その時持てる知識とアドバイスをしたものですが。。

 

こんな真っ暗な、重い気持ちになるんですね

 

 

折れた時にしたい、してほしいと思ったこと

 

今回、
私がしたこと、
してほしかったことは次のことです。


1.裏表のない人と接したい
2.そういう人に自分のすべての気持ちを吐き出したい
3.この内容を忘れるか、斜め上から見下ろせる心の余裕を取り戻したい
4.気持ちを高める何かをしたい

 

1.2については、
幸いにも、職場に仲のいい同僚がいますので、
全て聞いてもらうことができました。

 

チャットを見た数分後には、
その仲のいい同僚かのチャットが。

 

「気にするな。そんなことをいう奴はその程度だ」

 

簡単な言葉でしたが、胸が少しだけすっとしました。
(やっぱりもやもやは、簡単にはとれないですね……)

 

すぐにぱっと出てくる人、
心から信頼できる人というのは、
とても貴重なことだなと改めて実感しました。

 

3については、
その翌日に急性腰痛を発症してしまい、
幸いにも?すべてを忘れることに。

先週末はほとんどベッドの中で、うとうと……
睡眠時間もびっくりするくらい(笑)

 

4については、
自分の子どもにゲームを買ってあげたり、
自分自身がゲームをしたり、
昔の映画を観たり……

 

おかげさまで、少しずつそのことは心から薄れ、
「言いたい人には、言わせておけばいいじゃん」
という思考回路になることができました。

 

その中で、ふとあることに気づきました。

SNSの存在です。

 

 

SNSの存在って大きい!

 

昨日、数日ぶりにツイートしました。
あいさつ程度のツイートだったんですが、
何人もの方から「いいね」をいただき、コメントまで……

 

たかが「いいね」の数字なんて、
と思われるかもしれませんが、
このときの自分は、
自分を支えてくれる、
見てくれている人の、心の声のように感じました。

 

そうだ、自分には書く力がある。
どんなことでも、自分の考えを発信して、
教育や数学に結び付ければいいんだ。

 

そう考え、今、カチカチを打っているわけです。。。

 

文章はまだまだつたない部分も多く、
読みにくいかもしれません。

 

でも、
毎日、どなたかはアクセスしてくださっています。


本当にありがとうございます。
感謝してもしきれません。

 

今回の体験も、
何か教育的に落とし込めないか考えています。
自分なりに勉強を深めて、
前向きな発信ができたらなと思います。


今日も、穏やかな生活がすごせますように。

(^^♪

 

 

亀きちのブログが、電子書籍に。いつでもどこでも数学を楽しく!第1巻・第2巻ともに発売中!

 

 

読者になって、リアルタイムでためになる記事を受け取りませんか?読者登録はこちらから  

ご質問・ご感想・ご要望等お気軽にお問い合わせください。

 また、「気になる」「もう一度読み返したい」記事には
↓↓「ブックマーク」もどしどしお願いします