"教えたい" 人のための「数学講座」

「数学を教えられるようになりたい、楽しさを伝えたい」そう思うあなたのために、教え方や勉強法・やる気の出し方など、ノウハウのすべてを紹介!20年教壇に立ってきた視点、および社会で生きた数字を扱うからこそ視点から、生涯学習にも役立つ話題が満載です。教え方の研究、勉強法の修得、中高生の自主学習用にご活用ください!

MENU

数学を教える 論理と心理の達人に(野村克也さんの指導法より)

 ↓ あとでじっくり読むときに便利

みなさんが監督になったとしたら、
そのチームを率いるときに、何を大切にしますか?

 

チームワーク?
優れた指導者?
優れたキャプテンの選出?

 

すべてがそれぞれの場面で、大切な要素だと思います。

 

その中で、
自らの理論を掲げ、相手心理をきちんと読んで、
パターン化することにより名将となった人がいます。

 

今回紹介する野村克也さんプロ野球)です。

野村克也さんは選手としてもすごい成績を残していますが、
三冠王も獲ってますしね)
監督としても、ヤクルト、阪神楽天で手腕を発揮し、
リーグ優勝や日本一など、抜群の成績を残しています。

 

今回は、野村克也さんの考え方を、
授業に落とし込んで考察していくことにしましょう。

 

 

 

 

ID野球」と「名言」を学習の中に落とし込むと…

野村克也さんを語る上で欠かせないのが、ID野球という言葉。

相手のクセやパターン、ボールカウントでの心理を徹底的に分析し、
その内容を長い時間をかけてミーティングをし、
選手に浸透させていくというもの。

 

また、マスコミの前で矢面に立って、
試合後に、囲み取材で選手や試合のことについてを聞かれた際、
名言で返す姿は、当時印象的なものでした。

私がその中でも特に好きな言葉が2つあります。
・人生の最大の敵、それは「鈍感」である
・無視されて三流、称賛されて二流、非難されて一流

 

さて、これを勉強や授業の中に落とし込んでみましょうか。

 

ID野球」→見つめなおして、パターン化

ID野球は、徹底的に研究してデータ化するもの。
勉強において、外面と内面の2つの側面から考えることができます。

 

【外面】
勉強では、問題を徹底的に分析しパターン化

やや受験よりのテクニックになるかもしれませんが、
数学という科目は、ある程度のところまでは暗記科目と考えています。
公式や定理を理解記憶していないと、歯が立たない部分も多々ありますから。

 

さらに、パターン化させることによって、
新しい解法やパターンをひらめく、ということもあるかもしれませんね。

 

基礎の部分は徹底的に理解し、
定期考査や受験という相手に対して、傾向を分析し、
学習のプランニングを働きかけてみましょう。

 


【内面】
自分自身を見つめて分析→特徴を知る

自分自身の心身の特徴はつかめていますか?
・夜型の勉強があうのか、朝型なのか
・勉強を始めるスイッチは何を入れればいいのか
・リラックスできる一番いい方法は何なのか
専門用語で「ブレインストーミング」って言いますね。

 

そういったことを紙に書き出して、
自分を見つめなおしてみるのもいいですね。

 

 

名言を勉強に取り入れる

これは野村克也さんに限ったことではありませんが、
自分が好きな人の言葉を、奮い立たせる前向きな要素として、
取り入れていくことは、非常に有益だと考えます。

 

例えば、私が好きな言葉

・人生の最大の敵、それは「鈍感」である
ミスに気づかないことが勉強では、鈍感にあたるので、
 ミスをしていないかどうか、きちんとアンテナを張っておこう

 

・無視されて三流、称賛されて二流、非難されて一流
→生徒に指導に当たるとき、さすがに無視はしないが、
 要点のみを伝えた方がいい生徒、
 必ず誉め言葉を付け加えた方が効果的な生徒、
 ちょっとプライドをくすぐった方がやる気が出る生徒
 など、パターンを見極める

といった感じです。


生徒1人1人をしっかり見て、
いろいろな名言をかけて心を刺激することは、
数学でも勉強でも、心の教育でも、役に立っていくことでしょう。

 

 

まとめ 自分と目標の分析&「名言」を吸収

野村克也さんは、
とにかくあらゆるものを分析してデータ化し、
それを徹底的に選手に叩き込みました。

また、その中で核となるキャッチャーとして、
古田敦也さんを超一流に育て上げました。

 

・分析すること
・それに向けて対策をとること
・その中でもリーダーを作ること、

これが大切なのではないかと思います。

 

また、いい言葉には、自分や相手を奮い立たせるものがあります。
いろいろな著名人の言葉で、
「前向きにさせる言葉」を探してみるのもいいかもしれませんね。

 

授業や教育では
・自分の特徴、問題や目標をつかみ、何が必要かを考えること
・名言をどんどん授業に取り入れて、生徒に紹介してやる気を向上させる

そういった形で活用できるのではないでしょうか。

 

【試してみよう】
・自分の長所や短所、性格を紙に書き出してみよう
・目標をかき出して、達成するためには何が必要かを細かく考えてみよう
・好きな人の名言を探して、やる気を出す材料にしてみよう

 

【参考資料】

野村克也さんの著書です。

 

 

亀きちのブログが、電子書籍に。いつでもどこでも数学を楽しく!

読者になって、新鮮な記事を受け取りませんか?読者登録はこちらから

ご質問・ご感想・ご要望等お気軽にお問い合わせください。>