"教えたい" 人のための「数学講座」

「数学を教えられるようになりたい、楽しさを伝えたい」そう思うあなたのために、教え方や勉強法・やる気の出し方など、ノウハウのすべてを紹介!20年教壇に立ってきた視点、および社会で生きた数字を扱うからこそ視点から、生涯学習にも役立つ話題が満載です。教え方の研究、勉強法の修得、中高生の自主学習用にご活用ください!

MENU

中1 正負の数 4 乗法はジャイアンとスネ夫におまかせ

 ↓ あとでじっくり読むときに便利

正負の数の4回目は乗法について。

 

マイナスが入ったかけ算になると
いよいよ難しく感じ、
手が止まってしまう生徒が続出……

 

その大半は符号によるイメージの欠如。

 

特にマイナス×マイナスがプラスになる意味が
なかなか理解できない生徒が多いのです。

 

教員や保護者の方でも
きちんと説明ができる人は
それほど多くないかもしれません。

 

ここでは、
損得勘定を入れながら、
アニメ調でかみ砕きながら説明をしてみますね。


それではスタートです。

 

 

単元概要はこちらからどうぞ

中1 正負の数 概要 最初の導入で話すこと

 

本日のノート

f:id:math-kame:20210712202629j:plain

 

 

乗法 ジャイアンスネ夫の関係で身近に


乗法の授業では、
ドラえもんの中から、
ジャイアンスネ夫に登場してもらいます。

 

お金のやり取りを通して、
負の数のかけ算を概念的に展開していくのです。

 

やはり、生徒にとって
身近に感じる存在はお金ですから。。。

 

そして、キャラクターの人間関係が有名であろう
ジャイアンスネ夫のやり取りが
理解の一助になると考えています。

 

欲張りなジャイアン
悪知恵の働くスネ夫

 

二人のやり取りを
軽快に話をして教えられるといいですね。

 

授業ノートの中には、
その2人のやり取りのイメージを載せていますので、
参考にしてみてくださいね。

 

私が授業するときは、
完全にモノマネに入ります(笑)

 

その中で特に、
マイナス×マイナスがプラスになる
スネ夫のずる賢さをアピールするのです。

 

 

乗法の交換法則と結合法則 小学生を思い出して


言葉は難しいですが、
かけ算ばかりのとき、
かける順番を入れ替えても
どこから計算しても
構わないという確認です。

 

負の数が入ったかけ算になると、
難しく感じる生徒も多いですが、

「符号」⇒「絶対値の計算」

を徹底させることにより、
正解率はぐっと上がります。

 

マイナスは逆言葉。
それを2回繰り返したら元に戻り(プラス)
3回繰り返したらマイナスになる。

 

言葉遊びでしっかり感覚を養っていきましょう。

 

逆の逆は、元に戻る
逆の逆の逆は、逆

 

このようなイメージで。

 

また、かけ算の順序についてですが、

「10」をつくると楽に計算できる

この感覚はぜひ持っておきたいところ。

 

2×5 4×5など、
10の束をつくるイメージを持っておけば
計算スピードがぐっと上がりますよ。

 

 

最後に (-)×(-)=(+) 教えることができれば一人前


中1数学の最初のつまづきが
この部分になる生徒が多いかもしれません。

 

ここを流暢に教え、
納得させることができれば、
なかなかの授業力ではないかと思います。

 

かつて勤めていた学習塾でも、
この部分の教え方は研究する講師が多かったですから。

 

数学も話術。

 

実生活などを利用してイメージさせながら、
理解させるためにも、
教員自身がしっかり授業準備をして、
自信を持って授業に臨みましょう。

 

あっ、話術については
亀きちが思いのたけを執筆しておりますので、
よろしかったらご覧ください。


教えたい人のための数学講座 第二巻: 気持ちを高める話術編 

 


負の数の乗法や除法は、
教える方にとっても、なかなかの鬼門。

 

流暢に授業を盛り上げ、
その後、多くの問題に取り組んでいきましょうね。

 

教え方、覚え方など
ご意見、ご質問は
コメント、お問い合わせ、公式ラインからどうぞ(^^♪

 

 

亀きちのブログが、電子書籍に。いつでもどこでも数学を楽しく!第1~3巻 絶賛発売中!4巻目も執筆開始!

 

公式LINE開設!
旬の情報や、勉強法、授業で使えるプチネタなどタイムリーにお届け!
ご登録お待ちしています! (^^♪

 

リアルタイムでブログ記事を受け取りたい方!読者登録はこちらから  

ご質問・ご感想・ご要望等お気軽にお問い合わせください。

 また、「気になる」「もう一度読み返したい」記事には
↓↓「ブックマーク」もどしどしお願いします