"教えたい" 人のための「数学講座」

「数学を教えられるようになりたい、楽しさを伝えたい」そう思うあなたのために、教え方や勉強法・やる気の出し方など、ノウハウのすべてを紹介!20年教壇に立ってきた視点、および社会で生きた数字を扱うからこそ視点から、生涯学習にも役立つ話題が満載です。教え方の研究、勉強法の修得、中高生の自主学習用にご活用ください!

MENU

勉強に疲れたとき 心がフッと軽くなる言葉

 ↓ あとでじっくり読むときに便利

勉強が忙しくなってくると、
自分に疲れてきて
次第に勉強がはかどらなくなる

 

やらなきゃと思っていても、
なかなかやる気も起きない

 

そういう経験をしたことがある生徒さんも多いでしょう。

 

また、そのような相談を受けたことのある
先生や保護者も多いことでしょう。

 

私も学生の頃は、
受験勉強に疲れたこともあります。

・なぜこんな思いをして勉強をするのか、
・なぜ勉強をしないと学校で怒られるのか、
・苦手科目で低い点数をとるかもしれないという不安
・得意教科で点がでなかったらどうしよう
・進路に影響してしまう……

 

人間、マイナスに考えてしまうと、
とことんまで追い込んでしまうときもあります。

 

勉強に疲れていませんか?
心が疲れていませんか?


そんな人に、次の言葉を贈ります。

 

 

 

落合恵子さんの言葉

 

人はそれぞれ、初めから「わたし」に生まれるのではなく、
少しずつ少しずつ「わたし」になっていくものだろう。
あるがままの「わたし」を受け入れ、
さらに望ましい「あるがままのわたし」を創っていく。


理想の自分を描いている人は多いと思います。

 

でも、その理想の自分に
最初からなれる人はいません。

 

自分の中で、
少しずつ少しずつ努力を重ね、
楽しいことや辛いことも経験して
その結果、今のあなたがいるのです。

 

そして、今現在の「わたし」を受け入れることによって
次に求める「わたし」が生まれていくのです。

 

昨日よりちょっとだけ素敵な
「わたし」を創るのです。

 

ちょっと周囲に目を向けてみて、
もしそのような人がいたら、

あるがままの「わたし」で
あるがままの「あなた」を
認めてあげましょう。

 

現在進行形の「あなた」をそのまま受け入れればいいんです。


心がすっきりしない
そんな人の心が、フッと軽くなりますように……

 

 

亀きちのブログが、電子書籍に。いつでもどこでも数学を楽しく!第1~3巻 絶賛発売中!

 

公式LINE開設!
旬の情報や、勉強法、授業で使えるプチネタなどタイムリーにお届け!
ご登録お待ちしています! (^^♪

 

リアルタイムでブログ記事を受け取りたい方!読者登録はこちらから  

ご質問・ご感想・ご要望等お気軽にお問い合わせください。

 「気になる」「もう一度読み返したい」記事は読み返したくなるもの。
↓↓「ブックマーク」が便利です!